人気ブログランキング |

Maison de toile cartonnage


大好きなカルトナージュと布☆
by maison-de-toile
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

パリへ・・・ Part 4 (サンジェルマン・デ・プレ、サン・ポール)

a0238911_21444112.jpg

今回のパリは、よくバスを利用しました。

タクシー乗り場でタクシーを待っていてもなかなか来ないことが多かったからです。特に治安の良くないモンマルトルあたりで夕刻、全くタクシーが拾えなかったときは焦りました。ホテルまで帰るのに、メトロだと二回も乗り換えなくてはならず、気分的にも肉体的にも億劫で、なんとかバスで早く帰れないかと、バス停でバス路線図とにらめっこ。
たぶん、この道ならホテルの近くを通るはず・・・と思い、イチかバチかで乗ったバスが大当たりで、ホテルの近くまで一本で楽ちんで帰れたのです。
日本でもよくありますが、バス路線は同じ系統でも行きと帰りでは若干ルートが違うことがあるので、そこは要注意ですが、ポータブルの路線図(メトロの駅でもらった)はとてもわかりやすく、これを持っていると安心で、どこへでも行ける気がしました。
特に便利なのは北から南へ抜けるルート。メトロなら必ず遠回りで乗り換えがあるところもバスなら目的地まで一本で難なく行けます。泊まったホテルは グラン・ブールヴァールという駅に近かったのですが、ここからルーブルやサンジェルマン、モンマルトルに行くのに大変便利でした。
もちろん、渋滞も多いので、時間は確実ではないけれど、車窓からパリの街並みをのんびり眺めながら移動するのは、それだけでも楽しいのです。
バス停には次のバスがあと何分で到着か電光掲示で表示されるのも便利です。車内でも終点まで何分で到着するか表示されるんです。

まるで地球の歩き方のような前置きになりましたが、





4月2日はパリ4日目。 今まで観光や美術館まわりの日々だったので、この日はのんびり、行き当たりばったりの一日にしようと思っていました。特にこれまでほとんど(手芸用品以外)買い物らしい買い物をしていなかったので、お土産もそろそろと思い、まずは39番バスに乗って、サンジェルマン・デ・プレへ。
a0238911_2250954.jpg

これがサンジェルマン・デ・プレ教会。
ここからまずMONOPRIX(モノプリ)へ。かなり充実のスーパーです。
目的は LIPTON の 「MOROCCO」。日本には売っていない ミント&スパイスティー。
しかし、隅から隅へと探してもない!他にはいろんな種類のLIPTON ティーがあるのに・・・
店員さんに聞いても、冷たく「知らない」とだけ。
諦めて適当にチョイスしたフレーバーティーをカートへ。
a0238911_23433369.jpg

帰国後、初めて封を開け、味を見ましたが、どれも美味しい!もっと買ってくればよかったと後悔・・・

母、息子、娘もそれぞれの好みで色々なお菓子類をたんまり(ばらまき土産?)買いました。食料品だけでなく、プチバトーの子供服、下着やかわいいステーショナリー、キッチン用品、コスメなど、見ているだけでも楽しい。でも、荷物が重くなりそうなので、我慢して、次のお店 「DA ROSA」へ
a0238911_2314118.jpg

a0238911_23431657.jpg

ここでソーテルヌ産ワイン漬けのレーズンチョコとコンフィチュール(ジャム)を買いました。写真の奥の方に写っている長髪のムッシューは日本人らしく、とっても親切で、日本語でお買い物もでき、助かりました。イケメンだったし(^_-)
でも、残念ながら、ここでランチはとらず、クレープのお店「ラ・クレープリー・デ・ラ・カネット」へ
a0238911_23194130.jpg

そば粉のクレープの中にはベーコン、卵、チーズなどが入っています。いろいろ選べます。シードル、デザート(デザートはシュガーが振られた甘いクレープ)のセットをオーダー。 ガイドブックや、パリの旅行ブログなどで良く見かけるお店なので、日本人が次から次へと入ってきて、満席でした。でも、評判通り美味しい。

午後からはメトロで移動、骨董屋の多いサン・ポールへ。
息子の、蚤の市か骨董屋で何か記念になるものを買いたいとのたっての希望で、こっちを選びました。
高校生の息子は私に似たのか、古いものや伝統工芸品のようなものが好き。中学の修学旅行で行った京都では、塗のお箸を買ってきて、今でも大事に使っています。
サン・ポールでは「オ・プチ・ボヌール・ラ・シャンス」がお目当てでした。私もここでアンティークのカフェオレボウルを見たかった・・・。でも、このお店、昼休みで2時に戻る・・・と時計の看板を出していたのにもかかわらず、結局この日は戻らず、諦めました・・・。これがフランス(-.-)

でもぶらぶらしていたおかげで素敵なお店を発見。クリストフルのアウトレット(?)のような、カトラリー専門店。
a0238911_08821.jpg

ここで、息子はお気に入りのクリストフルのディナーフォークとディナースプーンを購入。一本25ユーロ。
ホテルやレストランから払い下げのものも売られていたのですが、横においてあったピッカピカの新品がやはり美しく、こっちを選びました。お店のオーナーいわく、一般のお店なら70ユーロくらいするらしい品物。
a0238911_0184448.jpg

おこづかいをはたいて買った逸品、大事そうに抱えていました。
この一帯、とても時間がゆっくり過ぎていくような、そして静かなたたずまい。先ほどのお店のオーナーも外にテーブルと椅子を出して、のんびり食べたり飲んだりして、時々店に戻り「何か用事があったら言ってね~」みたいな感じです。
母と娘もさすがにお疲れムード。屋外の椅子で休憩中・・・
a0238911_0323049.jpg

私と息子はまだ頑張って歩き回り、別のお店で、格安のアンティークのお皿とカフェオレボウルもゲットできました。
a0238911_0325245.jpg


オペラ座に戻り、ギャラリーラファイエットへ
ここの天井はいつも写真に撮りたくなる・・・
a0238911_0423022.jpg

ギャラリーラファイエットの1階はブランド店が一堂に集まっています。
ここで主人へのお土産と、ついでに自分のお財布も購入。
今や完全に中国人が一番のお得意様のようです。日本人は少なく、居心地悪し・・・
免税カウンターも中国人用は長蛇の列、日本人用はがらがらでした。

明日はいよいよパリ最終日。
なんて早いんでしょう。
時間よ止まれ~


Part 5 へ続く・・・
by maison-de-toile | 2012-05-05 23:00 | パリ 2012

お問い合わせはこちらまで

nunoie2011☆gmail
.com
↑ ☆を@に変えて下さい

フォロー中のブログ

a serene life
BabyPine

最新の記事

新柄で色々
at 2017-09-16 09:55
松尾捺染さんより新柄デビュー
at 2017-09-07 11:09
念願のランチ の続き
at 2017-09-07 07:08
念願のランチ
at 2017-09-06 18:29
インスタグラム
at 2016-10-29 11:13

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
日々の出来事

画像一覧